2020/1/13

ほぼ無風快晴

12時30分に自宅を徒歩で出て思川左岸堤防上を,乙女大橋,2000本桜,網戸大橋(634m長),新間中橋,石の上橋まで休憩なしで歩きました。

約1時間40分(約6.5km?)帰路はオーバス(100.-)でした。


2020/01/01

明けましておめでとうございます

  今年も衛星通信関連をメインに運用します

よろしくお願い致します

  

← 男体山 2486m  2020/01/01 07:40撮影140mmズーム  

 思川左岸堤防乙女大橋歩道橋上より

最低気温5.0

左写真(クリック拡大)


2019/12/29

今朝の最低気温4.7℃(07:10,今季最低!)

グランドが霜の海です!


2019/12/13

混信は水平偏波アンテナで どこまで軽減できるか!と云うテーマで検討しました。(衛星通信)

その模様をここに掲載します。


2019/11/14~16(2.7℃今季最低)

435MHz7エレメントクロス八木2列2段が完成しました。

ついでに1200MHz9エレメントクロス八木も取付けました。

1200MHzは同軸ケーブルが長い(アンテナ入力4W)ので低仰角ではアップしません。(AO-92 L/V)

 

詳細をここに掲載しました。

絶対ゲイン等は分かりませんが,ほぼシミュレーション通りの性能が出たのではないかと思います。

製作のポイントは,如何にしてシミュレーション通りの寸法に作るかです。

(製作誤差,設置誤差を極力ゼロにする)

 


2019/10/28

久しぶりに快晴です。(午後はやや薄雲)

25日は豪雨の中を群馬県まで往復し暗くなる前に無事帰着しました。国道(4号)、国道(50号)、北関東道と高いところだけを走りました。田んぼの中のショートカット道は避けて通りました。(事前にハザードマップで確認しました)

今まで435MHzのアンテナは14エレメントクロス(16.32dBi)でしたがブームが長く強風に弱い(15号台風には耐えましたが)ので,ブームの短い7エレメントクロス×2スタックを作って上げました。ゲインは15.2dBi(シミュレーション値)で少し低下します。いずれ2列×2段にすれば14エレメントを超えるはずです。スタック幅を110cmから86cmにして良くなりました。2019/11/02      詳細をここに掲載しました。


2019/10/15

思川左岸,乙女大橋付近(写真はクリック拡大)

19号台風では,堤防高10mに対して9.8mまで水がきたようです。

ペットボトルが多数打ち上げられています。今まではあまり見ませんでした。(写真はクリック拡大)

ペットボトルを海に流さないように丹念に拾って集めている人がいました。次の橋まで約1.5km(後方)はあります。ご苦労様です。

栃木県は「栃木からの森里川湖(もり さと かわ うみ)プラごみゼロ宣言」をしています。


2019/10/03

ここにN1201SAの校正方法について書きました。校正キットは付属していませんが,NanoVNAの付属品を使いました。

 

FO-29の計画運用が発表されました。土日の午後のMEL時刻付近でONするようです。

                                                                      衛星通信用アンテナを下ろしました。一部のタワーに補強用ステーを付けました。2019/10/10

                                                                      特に被害はありませんでした。2019/10/13


2019/9/28

FO-29 201909281453Mel86Az04CH1 14eleX  非常に力強いビーコンでした。

左画面中心右側に多くのダウンリンクが見えます。

ビーコンデーターはJARLへ送付済み。受信できたデーターを公開します。

HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 00 00 09 60 01 01 6? ?C E4 9E EF 87 F1 F0 EF F0 E? HI HI 20 8A 88 D5 00 F6 00 00 0E 60 01 01 6E 4F E7 E1 F0 82 F1 EF EF F0 EA HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 00 00 09 60 01 01 70 70 E8 E1 F1 8F F1 EF EF F0 EA HI HI 20 8A 88 D5 00 F6 00 00 09 60 01 01 71 72 E8 E1 F0 70 F1 EF EF F0 EA HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 00 00 09 60 01 01 71 74 E8 E2 F0 9E F1 EF EF F0 EA HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 0D 00 09 6E 01 01 6F 75 E7 E2 F0 7E F1 EF EF F0 EA HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 00 00 09 60 01 01 6F 76 E7 E2 F0 91 F1 EF EF EF EA HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 00 00 09 60 01 01 69 78 E7 E1 F0 E5 F0 EE EF EF EA HI HI 20 8A 88 D1 00 F6 00 00 09 60 01 01 6E 78 E7 E1 F1 8F F0 EE EF EF EA HI HI 20 8A 88 D1 0B F6 00 00 09 60 01 01 70 79 E7 E* F1 78 F0 EE EF EF EA 


2019/9/26

FO-29のビーコンを久しぶりに聞きました。

AOS1314、1458、1645の3オービットが連続で聞こえました。

1314は途中から聞きましたが,1458はAOSから2分後、1645はAOSから1分後にビーコンが出ました。トラポンも動作していた模様です。

ビーコンの信号強度は左図の通りで最大0.6V(2.2dBμ)で以前の正常な時と変わらない強さでした。1508付近の落ち込みは,アンテナがノーマルモードで反転したためです(追尾遅れ含む)。 

AOS1458,1645のデーターはJARLに送付しました。

AOS1314以降は正常に動作している模様です。


                                                           

                                                                       以下、旧Wave日記 へ移転しました。 


・知識や技術力不足等により内容に間違いがあるかも知れません。連絡頂けると助かります。・記述内容に従って製作するのは自由ですが全て自己責任でお願いします。内容は断り無く随時、追加、削除、変更します。
・このホームページのリンクを歓迎します。                   このホームページは  jimdo Pro を使っています。